2017年度~2018年度 前橋支部行事

●2018年10月6日(土)13:30~15:00 実施予定

「中国茶でお茶会」

主催 :日中友好協会前橋支部中国語教室

場所 :麗雅齊(れいがさい) 前橋市上小出町2-1-17

講師 :前橋 康裕さん(中国政府公認茶芸師)

台湾烏龍茶は海外でも有名です。台湾茶の知識・お点前を学び、茶席の披露・講義などを介して

一杯のお茶の向こうにある台湾茶道芸術文化を体験します。中国語教室講師による漢詩の朗読も予定しています。

*募集人数に達したため閉め切りました。

●2018年9月30日(日)11:00~  実施済み 39名参加

「中国人強制連行事件 如意寺慰霊祭」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

場所 :如意寺 みなかみ町上津2578 ☎0278-62-2693

参加費 :無料

第二次世界大戦末期、日本政府は国内の労働力不足を補うため、38,935人の中国人を強制連行し

過酷な労働を強いた結果、6,830人の尊い命が失われました。月夜野の岩本発電所水路掘削工事で

は、中国人43人の方が亡くなり、当時の住職が故郷から遠く離れて死んだ中国人を哀れみ、「死ねば中国人も日本人もない」と戒名をつけて手厚く葬りました。1970年、建設委員会により当時

「中国人殉難者慰霊の碑」が建てられました。中国人の遺骨を安置した本尊をまつった須弥壇の裏側には、記録として墨書した板が今も残っています。(如意寺ホームページから)

 台風が近づく中でしたが、39名が参加し慰霊祭が行われました。地元の渋谷浩さんが、当時の子供の目から見た中国人の様子を語ってくださいました。

●2018年9月24日(月・振替休日)13:30~16:20

「『明治150年』-忘れてはいけないこと、未来にいかすことー」

主催 :群馬の明日をひらく革新懇話会(群馬革新懇)

協賛団体 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :群馬県青少年会館2F大会議室

資料代 :500円

講師 :13:40~14:20  内藤真治氏

            前澤哲也氏

    14:30~15:40  笠原十九司氏

    15:40~16:20  質疑・意見・討論

2018年8月19日(日)11:00~14:00 実施済み 40名参加

「バーベキュー交流会」

主催 :日中友好協会前橋支部

会場 :赤城ふれあいの森(赤城森林公園) 前橋市富士見町1-2 tel 027-287-8806

爽やかな天候に恵まれ、今年もバーベキュー交流会を開催することができました。日本人13名、中国人27名の参加でした。今年は留学生12名と若い方が多く、片言の中国語や日本語が飛び交う中で「草の根の交流」を深めることができました。

●2018年8月5日(日)13:30~15:00 実施済み 40名参加

「協会が見る、中国の現状と課題」…東アジアの平和はいかに

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋市本町中央公民館 5F 510学習室

講師 :大西 広(本部副理事長・慶応大学教授)

資料代 :300円

皆さんが聴きたい「習近平体制」「1帯1路」「米中貿易戦争」…など、有意義なお話が聴けました。

●2018年8月5日(日)10:00~11:40 実施済み

「中国百科検定と友好運動について」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋市本町中央公民館(元気21)5F 510学習室

講師 :大西 広(本部副理事長・慶応大学教授)

資料代 :200円

テーマ、日中友好協会が、なぜ百科検定試験を運動の柱にすえたのか

第5回・第6回百科検定の説明も行います

●2018年8月3日金)11:00~  5日(日)16:00 実施済み

「平和のための戦争写真展」

主催 :群馬県平和委員会・日中友好協会前橋支部その他

会場 :前橋市本町中央公民館(元気21)1階ホール(無料)

前橋支部では「村瀬守保写真パネル」を掲示しました。

●2018年7月29日(日) 13:30~ 実施済み

「日中群馬県連定期総会」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋総合福祉会館(日吉町) 3F 第3会議室

内容 :①2017年度のまとめと2018年度活動方針の決定

   :②2017年度決算と2018年度予算の決定

   :③2018年度役員選出

   :④その他 

会長:  羽鳥知容  

理事長: 廣田繁雄  

事務局長:山本健二  

会計:  小矢野敏雄 

会計監査:大塚秀子

理事:  飯塚由美子  海原正治  林芳枝  松永守男  山口富雄       

●2018年6月2日(土)PM1:00~3日(日)PM3:00 実施済み

「日中友好協会第67回全国大会」

主催 :日中友好協会本部

大会内容 :①2017年度活動のまとめと2018年度活動方針の決定

      ②2017年度決算と2018年度予算の決定

      ③2018年度役員選出

      ④その他

●2018年5月16日(水)18:00~

「高崎経済大学 留学生新入生歓迎会」

主催 :高崎経済大学

毎年開催されている歓迎会に今年も参加させていただきました。

今年度留学生28名の内、中国人21名。その他ベトナム・ミャンマー・韓国・ベナンなど、各国からの留学生が夢を叶えるために頑張っています。

 

●2018年4月29日(日) 11:00~13:30 実施済み 15名参加

「2018年度 前橋支部定期総会」

主催 :日中友好協会 前橋支部

会場 :福州飯店(本店)

    前橋市大渡町1丁目9-7

内容 :第1部 定期総会

    第2部 昼食会

一年間の反省をもとに、充実した話し合いが持てました。今後に活かして活動を継続したいと思います。

●2018年4月1日(日)10:30~ 実施済み(39名参加)

「第66回 中国人強制連行事件殉難者 長岡寺墓参」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

場所 :曹洞宗 天王山 長岡寺

    太田市西長岡町728

内容 :墓前で読経・献花 庫裏で懇談会

●2018年3月21日(水・祝日) 15:00~15:50(50分) 実施済み

「第4回 中国百科検定」

主催 :日中友好協会本部

後援 :(公社)日本ユネスコ協会連盟、(公財)日中友好会館、

    (一財)日本中国文化交流協会、中国文化センター(東京)

協賛 :中国国家観光局、中国日本友好協会、中国国際航空公司、日本華人教授会議

会場 :群馬大学荒巻キャンパス・教養教育棟GA308

申込期間 :2017年12月1日~2018年2月21日

受験コース :3級(ものしりコース)、2級(中国通コース)、1級(百科老師コース)

       特級(マスターコース)

中国百科検定公式サイト :http://www.jcfa-net.gr.jp/kentei/

理解は絆を強くするー中国力で可能性を広げようー

中国語の能力ではなく、歴史・地理・政治・経済・社会・文化・教育・スポーツなど多方面の知識を問う、日本でも極めてユニークなものです。どなたでも受験可能です。年齢・国籍の制限はありません。日本語での設問となります。

成績優秀者には、日本中国友好協会賞・中国国家観光局賞・中国日本友好協会賞、また中国文化センター(東京)と中国国際航空公司から副賞が提供されます。

試験内容についてのお問い合わせは

*日本中国友好協会事務局

〒111-0053台東区浅草橋5-2-3鈴和ビル5階

E-mail :nicchu@jcfa-net.gr.jp

℡03-5839-2140  Fax03-5839-2141

(受付は午前10時から午後6時 土・日・祝日は除く)

●2018年2月12日(月・祝)13:30~  実施済み

「第4回中国百科検定のための事前学習会」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋中央公民館(元気21)505学習室

講師 :大西 広氏(日中友好協会本部副理事長・慶応大学教授)

資料代 :300円

3月21日(祝・水)、第4回中国百科検定に向けての学習会を開催しました。今回のテーマは現在の中国経済情勢でした。

●2018年2月4日(日)11:00~ 実施済み(52名参加)

「2018年 春節を祝う会」

主催 :日中友好協会前橋支部

会場 :スペランツァ(群馬ロイヤルホテル南館地下1階)

    前橋市大手町1丁目9番7号  

主なアトラクション :朱坤霞さん(メゾソプラノ)、中井三枝子さん・桑子亜紀さん(琴演奏)

           嵯峨良平さん(フルート演奏)、二胡・太極拳・中国語各教室

中国の春節の時期に合わせ毎年続けている一大イベントです。朱坤霞さんの独唱からスタート!前橋支部の太極拳は100名を超える教室になり、簡化24式と功夫扇を表演しました。二胡教室は講師二人体制になり、三曲披露しました。中国語教室は唐詩朗読と中国語で「里の秋」を歌いました。高崎経済大学の留学生6人も参加してくださり、「来てよかった!」との言葉に嬉しくなりました。日本・中国・カンボジアからの参加者が和やかな雰囲気の中、今年も交流を深めあうことができました。

●2017年12月17日(日)10:00~  実施済み

「第10回 中国料理教室」

主催 :日中友好協会前橋支部

会場 :前橋市福祉会館(日吉町) 調理室

講師 :佐俣福艶さん(中国ハルピン出身)

会費 :800

メニュー :水餃子、酢の物

中国では餃子を作って新年を迎えます。本格的に皮から餃子作りを体験しました。

今回は白菜とニラの餃子二種類と、酢の物(大根・人参・きゅうり)を作りました。

強力粉と薄力粉、二種類の皮を作り、違いを楽しみました。

●2017年12月2日(土) 13:30~15:00 実施済み

「講演 日本と中国の文化の交流」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋市本町中央公民館(元気21) 507学習室

講師 :田中 義教さん(本部理事長)

資料代 :300円

講師の田中義教さんは90余回中国を訪れています。豊富な体験をふまえ縦横に語ります。

●2017年12月2日(土) 10:00~11:50 実施済み

「第4回中国百科検定のための学習会」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋市本町中央公民館(元気21) 507学習室

講師 :田中 義教さん(本部理事長)

資料代 :300円

今回は中国の歴史・世界遺産について学びます。

●2017年11月18日(土) 実施済み

「前橋支部バスツアー 横浜中華街・赤レンガ倉庫群」

主催 :日中友好協会前橋支部参加費 :3,800円(昼食代別・旅行保険込)

コース :高崎6:10⇒前橋6:40⇒横浜赤レンガ倉庫(1時間)⇒横浜中華街(2時間)

     前橋帰着17:50⇒高崎帰着18:20

大雨・大風の天気予報でしたが、雨にも降られず久しぶりの中華街を楽しみました。みんなで食事をした後はそれぞれにチャイナ服・太極拳グッズ・点心などを目当てに出かけて行きました。相変わらずの賑わいの中、久しぶりの中国の雰囲気を堪能してきました。

●2017年10月1日(日) 11:00~ 実施済み 43名参加

「中国人強制連行殉難者慰霊供養」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

場所 :如意寺 みなかみ町上津2578 ☎0278-62-2693

参加費 :無料

第二次世界大戦末期、日本政府は国内の労働力不足を補うため、38,935人の中国人を強制連行し過酷な労働を強いた結果、6,830人の尊い命が失われました。月夜野の岩本発電所水路掘削工事では、中国人43人の方が亡くなり、当時の住職が故郷から遠く離れて死んだ中国人を哀れみ、「死ねば中国人も日本人もない」と戒名をつけて手厚く葬りました。1970年、建設委員会により当時「中国人殉難者慰霊の碑」が建てられました。中国人の遺骨を安置した本尊をまつった須弥壇の裏側には、記録として墨書した板が現在も残っています。(如意寺ホームページから)

墓参後、本堂前で太極拳の奉納を行いました。昼食を摂りながら庫裏で参加者の交流会の中で、伊勢崎支部・大和清一さんによる漢詩の朗詠を行いました。

●2017年9月10日(日)11:00~14:00 実施済み

「バーベキュー交流会」

主催 :日中友好協会前橋支部

場所 :あかぎふれあいの森(赤城森林公園)

    前橋市富士見町赤城山1-2 ☎027-287-8806

爽やかな青空のもと、バーベキュー交流会を行いました。

日本人と中国人が半々の参加でした。お肉を焼きながら、楽しく交流ができました。

●2017年8月13日(日)13:30~15:30 実施済み 38名参加

「講演会 理解は絆を深める 中国の現状と友好運動」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋中央公民館(元気21)501学習室

講師 :井上久士(日中友好協会副会長・駿河台大学教授)

隣国中国と日本の現状について学びました。両国ともに今、大変な時期を迎えています。

お互いを深く知り、友好運動を深めていきたいと思います。

●2017年8月13日(日) 10:00~11:50  実施済み 18名参加

「第4回中国百科検定のための学習会」

主催 :日中友好協会群馬県連合会

会場 :前橋中央公民館(元気21)501学習室

講師 :井上久士氏(日中友好協会副会長・駿河台大学教授)

内容 :中国の近現代史

2018年3月21日に第4回中国百科検定試験が催されます。今回は中国の近現代史、アヘン戦争から

天安門事件までを勉強しました。隣国中国を理解し、友好を深めましょう!

来年3月までに、あと2回ほど学習会を行います。試験を受けない方でも、気楽にご参加ください!

●2017年8月12日(土)~14日(月) 実施済み 300余名入場

「2017年 平和のための戦争写真展」

主催 :群馬県平和委員会・日中友好協会前橋支部・その他

会場 :前橋市中央公民館(元気21)  無料

前橋支部は「村瀬守保写真パネル」を掲示しました。写真は平和について問いかけます。

●2017年7月16日(日) 15:30~17:00 実施済み

「二胡教室 レベルアップ研修会」

主催 :日中前橋支部二胡教室

講師 :秋山さくらさん(二胡奏者)

会場 :高崎・健康会館

大学時代にアジア民族楽器を専攻し、二胡に魅了され現在は各地で二胡の講師やライブ活動を行っている秋山さくら先生を講師に迎え、二胡を弾く時の姿勢や持ち方、弓の使い方などの基礎練習と「川の流れのように」を研修曲とし、曲のポイントやパート部の練習方法など指導していただきました。参加人数は11名で、休憩を挟みながら1時間半、内容の濃い研修でした。