日本中国友好協会(通称 日中友好協会)は創立61年を迎えました。

 群馬県連合会は、第二次世界大戦の末期に中国から日本へ強制連行され、激しい労働・飢えなどのために亡くなられた中国人犠牲者の遺 骨を発掘し、中国へ返還する運動の中から生まれました。侵略戦争を反省し、二度と戦争を起こさせない、「日中不再戦」の決意のもとに結成された団体です。 結成以来59年間、毎年春と秋に犠牲になられた中国の方々の墓参を続けています。

 また、支援をしている「中国人強制連行群馬事件」の裁判は多くの皆様のご支援のもと、8年あまりにわたり法廷内外の闘いを進めてきましたが、昨年3月、最高裁は原告の控訴を棄却し残念な結果となりました。裁判は終わりましたが、これからも全面解決に向けて全力で取り組みを継続していきたいと思っています。

 前橋支部は再建されてから13年が経ちました。私たちは中国語・二胡・太極拳を学びながら、中国の文化を広めています。再び戦争のない平和な日中関係を築くためにも様々な活動を展開していく中で、草の根の交流の輪を拡げていきたいと思っています。

 

「支部運営委員」

支部長・会計   飯塚由美子

副支部長     山本健二

事務局長     大塚秀子

支部新聞担当   松村岩雄

全般補佐     中島眞一

 

371-0846  前橋市元総社町96-1  日中友好会館2F

 



このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。